年末調整

年末調整をするにあたって必要なこと

12月中に従業員のみなさんの

  • 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
  • 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

を書いてもらい、

年が明けてから、会計ソフトで

  • 給与所得に対する所得税源泉徴収簿

を作成して、税務署に持っていくこと。

源泉所得税

来年の自分に忘れないように備忘録

毎月、従業員の方から徴収している源泉所得税

交通費などを引いた給料が88000円以上になると、ある一定の%で給料から

預かり、申告をして納税するわけなのだが

うちの場合は従業員が9人以下になる為、

上半期1月~6月までの源泉所得税は7月10日まで

後期期7月~12月までの源泉所得税は1月10日(実は20日までOK)までに船橋税務署

納税をするわけなのだが、船橋税務署から銀行の振込用紙が送られてくるのだが

前年の10月に1月に納税する分と7月に納税する分を送られてくるため

後期分は1月にすぐ使うので良いのだが、7月に納税する分は約9か月保管しておかなければならないのが難。

今回もなくしてしまい、直接 船橋税務署に行き納税をしてきたので、時間の無駄を感じた。

散歩がてらなので苦ではないが。

他にも、消費税にも同じことは言えるであろう。

対策として今回やり始めるのが

「12ヶ月分税金納税振込用紙を入れとく壁掛けラック」・・・。

とりあえず一回やってみようっ

効率が悪かったら、青色申告から何から何まで「e-tax」を本格的にやるかなぁ

e-taxの準備は整っているのだが、今年の青色申告も結局、会計ソフトの印刷でOKしてしまったからな。

まぁ~、ぼちぼち考えていきまひょ

ってな感じで、忘れないようにしましょうっ!